www.smiyasaka.com  は、2019 年2月から SSL 化し 通信を暗号化した方式で発信をしています。

ホームページテストプログラム



/var/www/html/○○○○/ は、ホームページのドキュメントルート保存先のパスです。
/home/miyasaka/www/ は、別ドキュメントルート保存先のパスです。
起動は、サーバ機に設定した IP アドレスを入力します。

SELinux 有効の時には、下記のポリシーを設定します。
下記ポリシーを設定しないと httpd から、別ドキュメントルートのアクセスが出来なくなります。

setsebool -P httpd_enable_homedirs 1;\
firewall-cmd --reload

@ DocumentRoot テスト用ページ作成( SSI テスト)

vi /var/www/html/○○○○/index.html ← SSIテスト用ページ作成

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<title>テスト</title>
</head>
<body>
ホームページ表示テスト OK<br>
<!--#config timefmt="%Y/%m/%d %H:%M:%S" -->  
<!--#echo var="DATE_LOCAL" --><br>
別ページジャンプテスト    <b><a href="/home/index.html">[ここをクリック]</a></b><br>
</body>
</html>

A 別ページ表示・ SSI テストプログラム

vi /home/miyasaka/www/index.html

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=euc-jp">
<title>テスト</title>
</head>
<body>
別ページ表示テスト OK<br>
SSIテスト
<!--#config timefmt="%Y/%m/%d %H:%M:%S" -->  
<!--#echo var="DATE_LOCAL" --><br>
CGIテスト( a href="./cgi_test.cgi" )    <b><a href="./cgi_test.cgi">[ここをクリック]</a></b><br>
別ページで CGI テスト( #include virtual="./cgi_test.cgi" )
</body>
</html>

B 別ページ CGI テストプログラム
 
vi /home/miyasaka/www/cgi_test.cgi

#!/usr/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print "<html>\n";
print "<head>\n";
print "<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html;\
charset=euc-jp\">\n";
print "<title>CGI テスト OK</title>\n";
print "</head>\n";
print "<body>\n";
print "CGIテスト<br>\n";
print "表示すれば、CGIテストOKです。\n";
print "</body>\n";
print "</html>\n";

属性を変更して、実行権限を与えます。

chmod 755 /home/miyasaka/www/cgi_test.cgi

SELinux 有効の時には、下記のポリシーを設定します。

semanage fcontext -a -t httpd_unconfined_script_exec_t \
/home/miyasaka/www/program/cgi_test.cgi;\
restorecon -vF /home/miyasaka/www/program/cgi_test.cgi