www.smiyasaka.com は、 2019 年2月から SSL 化し 通信を暗号化した方式で発信をしています。

● EPSON DP30S(DB51E)を分解をしてみました ●

1 2,403 1   

  ※ 分解は、あなたの自己責任の範囲で行ってください。※ 

H26年現在、この機種は、モデルチェンジして、DB51E に改名されています。

HDDを交換したくて、私自身自己責任を覚悟し、HDD交換に挑戦、上手出来ましたので、同じ思 いの方のため、その方法を紹介します。

下記の写真に示す黄色矢印のネジ(小さなネジとDVI-Dの留めネジ)をすべてとります。 小さなネジは、無くさないように注意をしてください。
下記の写真の赤矢印とピンクの矢印は、ケースを留めのでっぱりのある位置です。
ケースの上蓋をはがし始める位置は、写真のグリーンの矢印位置ですが、この機種のケースは、 強度が無く、特にピンクの箇所は、上蓋が割れやすいので特に慎重に剥がしてください。
上蓋は、ガッチリひっかかっているのでチョット苦労すると思います。

DP30S1

下記の写真の赤矢印は、ケースを留めのでっぱりです。
HDDは、ネジ4本で止めてるので、はずしてください。
HDDは、取り出しは、下記の写真のグリーンの矢印の位置ぐらいを軽く持ち上げてから、取り 外しください。
写真上のピンクの矢印の部分は、割れやすいので特に注意してください。
イヤホン・マイクの有る側は、最後に外す様にするとよいと思います。
HDDの留めケースの下にあるクッションが基盤に張り付いているので、持ち上げる必要があります。

DP30S2
DP30S3

TOPへ戻る