www.smiyasaka.com  は、2019 年2月から SSL 化し 通信を暗号化した方式で発信をしています。

perl で作成した CPU の利用率を
表示するプログラム



#!/usr/bin/perl
#---------------------------------------------------------------------
# コマンド mpstat を実行し、CPU の利用率を取得し、出力する。
#---------------------------------------------------------------------
#
open( cpu_data, "mpstat |");

while(<cpu_data>) {

chomp;     # 改行コードを削除

my @cda = split(" ", $_ );     # スペースで分割して配列に代入

     if ( $cda[1] eq 'all' ){
         # CPU の利用率計算
         $ritsu=100 - $cda[10];
         # 表示桁数指定 "#.##"
         $critsu=sprintf("%.2f\n", $cdaritsu);
     }
}
close(get_data);

chomp($ritsu);     # 念のため改行コード有ったら削除

<!-- 0 = $cda[0] -->" は、目的のデータが配列のどの位置にあるかを知るため
いれています。OS バージョンによって位置が変わります。

print "<!-- start 0 = $cda[0] 1 = $cda[1] 2 = $cda[2] 3 = $cda[3] 4 =";
print " $cda[4] -->";
print "<!-- 5 = $cda[5] 6 = $cda[6] 7 = $cda[7] 8 = $cda[8] 9 = $cda[9] -->";
print "<b>CPU 利用率 </b><font color=\"red\" size=\"2\">";
print "<b>$ritsu</b>";
print "</font><font color=\"blue\"><b>%</b></font>";
print "<!-- 10 = $cda[10] 11 = $cda[11] 12 = $cda[12] 13 = $cda[13]";
print " 14 = $cda[14] -->";
print "<!-- end 15 = $cda[15] 16 = $cda[16] 17 = $cda[17] -->";