www.smiyasaka.com  は、2019 年2月から SSL 化し 通信を暗号化した方式で発信をしています。

ホームページ上にDiCE の
イベントログのみを表示させるプログラム



1. 漢字コード変換に、nkf を使用した時の perl のプログラム例

#!/usr/bin/perl
#----------------------------------------------
# DiCE のログファイルをホームページに出力する。
#----------------------------------------------
use strict;
#
#   漢字コードの変換(シフトJISに変換)して ファイルを開く
#
open( CheckDiCE, "/usr/local/bin/nkf -s /usr/local/DiCE/log/events.log |");
#
while(<CheckDiCE>) {

#   改行コードを削除
    chomp;
#   スペースで分割する
    my @Data = split(" ", $_);

#   $Data[0] : 記号, $Data[1] : 日付, $Data[2] : 時刻, $Data[3] : 本文
#   $Data[4] : 変更された IP アドレス

    print "$Data[0] $Data[1] $Data[2] $Data[3]<br>\n";

}
close(CheckDiCE);
#
exit(0);

2. 漢字コード変換に、jcode を使用した時の perl のプログラム例

#!/usr/bin/perl
#----------------------------------------------
#   DiCE のイベントログ表示
#----------------------------------------------
use strict;
# jcode.pl をダウロードしておきホームページの
# ドキュメントルートに保存しておく必要があります。
require "./jcode.pl";
#----------------------------------------------
open( CheckDiCE, "cat /usr/local/DiCE/log/events.log |");
#
while(<checkdice>) {

#   改行コードを削除
    chomp;
#   漢字コードの変換
    my $xx0 = &jcode::sjis($_); # シフトJISに変換

#   スペースで分割する
    my @Data = split(" ", $xx0);

#   $Data[0] : 記号, $Data[1] : 日付, $Data[2] : 時刻, $Data[3] : 本文
#   $Data[4] : 変更された IP アドレス

    print "$Data[0] $Data[1] $Data[2] $Data[3]<br>\n";

}
close(CheckDiCE);
#
exit(0);